既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

既卒者が悩むブランクの伝え方~効果的な回答例と押さえておきたいポイント

既卒面接でよく聞かれる質問のひとつに「ブランクの理由」があります。既卒者によってどんなことをしていたのかは人それぞれですが、「どうやって伝えたらいいのかわからない」という人は意外と多いのです。

今回は、多くの既卒者が悩むブランクについての伝え方について、具体的な回答例をもとに解説していきます。大切なポイントを押さえておけば、面接でも慌てることなく自信を持って回答することができます。

既卒者のブランクについて企業側はどう考えている?

既卒の就職活動で「ブランク」を企業はどの程度気にして入るのでしょうか?ケース別に解説をしていきます。

卒業後1年以内であればさほど気にしていない

卒業後1年以内のブランクは思って入るよりもマイナスではありません。公務員試験、司法試験、留学など既卒になる理由がいろいろあるためです。また、厚生労働省が平成22年に青少年雇用機会確保指針を改正し、「大学卒業後3年以内は新卒として扱うこと」という発信をしています。そのため近年では既卒者での応募は以前ほど厳しくなくなりました。

参考 3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を厚生労働省

ここでのポイントは、「ブランクの理由」です。多くのサイトでは、「既卒になれば基本的に不利になる。」と記載をされています。たしかに、新卒と比べると不利になるケースがあるのは事実です。しかし、正当な理由がある場合は、堂々とその理由を伝えればマイナスにならないことはあまり伝えられていません。ここでの正当な理由とは、新卒の時に就職活動をできなかった理由です。

<ブランクの理由として説明しやすいもの>
・教員試験、司法試験、公務員試験など優先してすることがあった
別ページで詳しく解説しますが、しっかりと諦めたことが伝えられたら問題がありません。
・部活や留学など学生時代にしておきたいことがあった
→こちらもなぜそこに打ち込んでいたのかを明確に伝えられれば問題ありません。
・体調不良
→完治したことをしっかり伝える必要がありますが、それができれば問題ありません。
・家庭の事情
→面接では聞きにくいことなので、家庭の事情が解決したことを自分から伝える必要があります。
・内定辞退
→内定辞退の理由によりますが基本的に問題ありません。

<少し伝え方に工夫が必要なもの>
・新卒でも就職活動をしていたが、内定がもらえなかった
→伝え方に少し工夫が要ります。エージェントと併用して進める方がリスクが減らせます。
・就職活動をしていなかった
→伝え方に工夫が要ります。場合によってはエージェントを利用する方が良いと思います。

既卒就活におすすめの厳選就職サイト【保存版】

1年以上ブランクがあった場合

既卒で卒業からのブランクが1年以上ある場合、多くの面接官が「その間なにをしていたの?」を疑問に感じます。懸念して入るのは、過ごし方です。理由によってはマイナスに評価される恐れもあります。伝え方に工夫が必要になります。また、3年以内であれば新卒扱いですが、1年以内と比べると極端に厳しくなります。少し古いデータですが、独立行政法人労働政策研究・研修機構が第二新卒者の採用に関するアンケートを企業にとったデータがあります。こちらを読むと山行になりますが、1年目とそれ以外では大きな壁があります。

ブランクの理由について回答する際に押さえておきたい4つのポイント

既卒者にとって「ブランクに対する質問」は、ほぼ必ず聞かれると思っておいたほうがいいでしょう。ここで、ブランクの質問に回答する際に気をつけたい4つのポイントをご紹介します。

既卒になった理由は「嘘をつかず正直に」

既卒の理由はさまざまですが、嘘はつかず正直に説明することが大切です。多くの採用担当者は面接慣れしています。一貫性がない理由やごまかしは思った以上に見抜かれてしまいます。何より採用担当者は嘘を見抜く必要がありません。「怪しい」と思ったら不採用にするためです。嘘は誠実さに欠ける行動でもあるので、信頼できる人物として評価されないことになります。正直に理由は伝えるようにする、というのが私がアドバイスをして入る基本姿勢です。

はっきりとした理由があれば自信を持って答える

理由が明確な場合は、自信を持ってその理由を伝えます。例えば「語学を学ぶため留学をしたかった」「小さい頃からの夢である司法試験に挑戦していた」などです。その際のポイントは「既卒=就職活動は不利」というイメージを持ちすぎないことです。自分に自信が持てなくなってしまうかもしれません。自分を成長させるための「既卒」として説明することが大切です。

そのため、理由をしっかりと伝えることが大切です。「なぜ、留学したかったのか?」「司法試験がなぜ自分にとって大切だったのか?」という理由です。

反省点について理解し、現在は努力していることをアピール

逆に新卒でうまく就職できなかった場合などは、これまでの自分を整理することが大切です。過去のを振り返り、自分で反省点を見つけることです。「よくわからないけど失敗した」では、成長性が感じにくくなります。

・自分なりに過去の何を課題として入るのか?
・その改善点は何か?

この二つを明確にすることが大切です。「希望する職種への認識が足りなかった」「就職活動を計画的に行えていなかった」など、具体的な理由を自分で理解していることを伝えましょう。さらに現状では、努力を重ねて過去よりもステップアップしていることを自己アピールに込めて説明することも重要です。

基本的に「自己責任」「前向き」な内容でまとめること

既卒の面接全般にもいえることですが、前向きな言葉・内容でまとめることは大切です。また、最も避けたいのはまわりの人・環境を批判するような内容や他責(自分が悪くない)といった発言です。もちろん、全てが自分のせいではありません。それは採用担当者ももちろん理解しています。その上で、あまりにも周りのせいにすると、仕事でも同様の態度をとる人材が強くなります。それは採用担当者に対していいイメージを与えることはあまりありません。「一緒に働いていきたい」と思いにくいでしょう。企業側が応募者に求めるのは、実績・スキルだけではなく、仕事に対するやる気や前向きな気持ちも含まれています。自己責任で課題を捉えつつ、仕事に対して前向きな発言が好印象につながるポイントです。

既卒者のブランクについて具体的かつ効果的な回答例


ここで、既卒者がブランクについて質問された場合の回答例をご紹介します。上記でご紹介した4つのポイントを頭に入れ、回答例を参考に自分自身で使える「ブランクの回答」を準備してみましょう。

就職活動がうまくいかなくて既卒となった場合の回答例

企業から内定がもらえず既卒となったパターンの回答例です。

「新卒の就職活動では、●●業界一本にしぼっていました。結果的に自分自身で就職活動の幅を狭めてしまったことが既卒となった理由だと感じています。その後、業界・職種研究や自己分析を改めて行い、少し幅を広げて就職活動を再開しています。現在の仕事選びの軸は、社風や事業内容、仕事内容など複数の軸から仕事を選ぶようにしています。」

既卒となった理由について「自分の視野が狭かった」と反省点を伝えた上で、視野を広げたと課題に対しての改善点を伝えます。
ポイントは、具体的に視野をどう広げたか仕事選びの軸などを伝えることです。漠然とした改善だと相手には伝わりにくいので具体的に伝えることで説得力をまします。

理由があって既卒となった場合の回答例

語学留学で既卒になった場合

「既卒となった理由は、語学留学をしていたためです。留学の費用は自分がアルバイトをして貯める必要がありました。在学中に休学をして行くことも考えましたが、タイミングが合わず、当初考えていた語学留学を諦めました。そのため、卒業してから●●へ留学をしていました。ブランク中にアルバイトで資金を貯め、親とも話し合った上、今しかできないことをと優先し短期留学を経験しました。自分自身のなかで納得できる結果となったため、今後は学んだことを活かし、企業に貢献できるよう精進したいと考えております。」

目的があって既卒となった場合、在学中にはできなかった理由をしっかりと伝えることが大切です。ここでは、費用が在学中には足りなかったことを理由にしています。公務員試験の場合などは、「受からなかったため」などが理由になります。夢は明確であればあるほど、プラスの印象になることもあります。

大切なのは、「夢は完結しており、これから企業でしっかり働く意思を見せる。」という点です。公務員や教員などは、諦めた理由もしっかり伝えるのが丁寧でしょう。しっかりした夢であるほど、「気持ちの切り替え」という面をしっかり伝える必要があります。変に未練があることはまいなすになるでしょう。

まとめ

既卒面接におけるブランクの説明は必須です。逆に予測できる質問だからこそ上手に回答することでプラスにすることもできます。自分自身がハードルを作って損しないようにしましょう。

人によって事情は違うので、エージェントに相談することも方法です。
既卒就活におすすめの厳選就職サイト【保存版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。