既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

既卒ブランクの期間について

基本的にブランクが長くなると不利になる 
既卒・フリーターの就職活動においてブランクは原則不利になります。
また、本来であれば年齢は就職において関係ない話ですが、新卒であったとしても年齢も多少影響しています。
 
原則と書いたのは業界や企業によって影響の有無にかなりばらつきがあるためです。特定の業界では、既卒・新卒関係なく選考するところもありますが、一方で既卒であればブランクに関わらず不可というケースも見られます。
 
卒業後の就職活動もあまりブランクを空けず、早ければ早いほどいいですが、かといってあまり焦りすぎるのも禁物です。ブランクといっても、一週間二週間といった短いスパンではありません。半年、1年、2年という単位だからです。
ブランクが長くなってしまった場合
では、ブランクが長くなってしまった場合、どうすればいいのでしょう?
ポイントは、ブランクの「理由」です。
実際にはブランクの長さはよりも、面接で聞かれる「ブランクの理由」が問題です。ここで、どんな「理由」を答えるかによって面接官の印象は大きく変わってきます。逆に上手に答えることで3年、4年のブランクをひっくり返したケースも多数見てきました。
あまり、期間にこだわりすぎるだけでなく、理由も含めて考えましょう。柔軟に対応できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。