既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

既卒面接で聞いてはいけない質問・アピールになる質問

既卒面接で「何か質問がありますか?」と聞かれた時に、聞かない方がよい質問はあるのでしょうか?

質問は第二の自己PRの場面です。そこで損をしないための注意点と心構えを解説します。
待遇などの聞き方のコツについても解説します。参考になれば幸いです。

既卒面接で避けた方がよい3つの質問パターン

既卒面接で歓迎される質問は「既卒者面接で「何か質問ありますか?」の効果的な4つの質問」で説明をしています。
重要なのは「何を質問するか?」ではなく、「何のために聞くか」を意識して質問することです。
これはマイナスの質問でも同じです。聞きたい内容が問題というよりも、目的や聞き方に注意が必要になります。

具体的には「働くことにネガティブだと思われるような質問」「会社のことを疑うような聞き方」です。
大きく避けた方がよいのは以下のパターンです。

1.何も質問をしない
2.調べれば簡単に分かることを何度も聞く
3.待遇や残業などについて根掘り葉掘り聞く

何も質問しないのはアピールをしないのと同じ

「質問はありません」は避けるべき回答です。理由は、企業に対して興味や関心が薄いと思われる可能性があるためです。

・入社した時のシュミレーションをしておらず、本気ではない
・事前に企業の事を調べておらず、興味関心が低い
・企業の話を聞いても自分で質問を考える力が無い

など、いろんな解釈がありますが、どのケースもプラスに評価されることはありません。
とはいえ、最終まで進んでいて、ある程度疑問も解消している、といった場合はどうなのでしょうか?

私はそれでも質問をすることを奨励しています。
質問をすることは「傾聴力」をアピールするいい機会でもあるためです。

調べれば簡単に分かることを何度も聞く

一度説明を受けたこと、事業内容、会社の理念、他の事業所など、調べればすぐに分かるような質問は避けた方がいいでしょう。
選考が進んでいる時ほど、今さら感が強くなり、マイナスの印象が強くなります。

とはいえ、もう少し詳しく聞きたい質問もあるはずです。そういう場合には

「以前にもお聞きしたのですが、せっかくの機会なのでもう少し詳しく教えてください。
貴社の事業内容についてですが・・・」と聞いてみるのがよい方法です。

「私は社風を重視しているので、お会いしたかには皆さんにお聞きしているのですが、
貴社の社風は◯◯様からみてどんな会社なのでしょうか?」

といった聞き方がありますよ。

待遇や残業などについて根掘り葉掘り聞く

会社の待遇や勤務条件は、かなり気になりますよね。
ましてやお金に関する話です。のちのちの働くモチベーションにも直結します。

基本的には、面接の場で勤務条件ばかりを根掘り葉掘り聞くことは避けましょう。
「仕事内容」や「事業内容」よりも待遇面ばかりが気になっているな、、という印象を与えてしまうと、仕事に対する姿勢をマイナスに評価されてしまうことがあるからです。

待遇や残業などについての聞き方

ただし、ミスマッチを無くすためには事前に内容を明確にしておくことは大切です。
納得して入社するためには、聞き方とタイミングを意識して、気になる点をクリアにしておきましょう。

最近では福利厚生や働きやすさをウリにする企業も増えています。
そうした企業は「むしろ聞いて欲しい。答えられないのは後ろめたい部分があるから」という採用担当者もいます。
日本の美徳では聞かない方がいいように思われがちですが、自分の人生です。上手に聞く方法をマスターしておきましょう。

インターネット上では労働条件に関する質問はNGという人も多く、意見が分かれます。

マイナス理由の一番は、「仕事よりも待遇に興味があると見られるから」「仕事に興味が無いと思われる」「募集要項に書いてある」といった理由です。
ここがくせ者です。待遇しか質問をしないと、「仕事には興味がない」と思われそうですが、「募集要項に書いていないこと」を確認するのは、間違っていないということです。

代表的な質問方法を3つ紹介しておきます

複数の質問の中に勤務条件などを加えて聞く

無難なのは質問を複数してよい時に、仕事や企業への質問をいくつかしたあと、待遇について聞く方法です。
待遇や勤務条件については人事しか答えられないことが多く、基本的には採用担当者に聞きます。

中小企業においては、こうした条件も含めてしっかりと説明する企業が増えています。
新卒者に人気の企業とそうでない企業で、対応がかなり分かれてきているのです。
先ほど書いたように、「待遇ばかり聞く」ことが問題であって、いろいろ質問をさせてもらえるのであれば、条件についても具体的に聞いておいたらいいと思います。

質問例)
・私の場合、結婚後の公私もバランスをとりながら長く働きたいと考えています。
貴社で結婚後も活躍されている女性がどんな仕事をされているかお聞きしてもよいですか?
また、そうした人は多いのでしょうか?

「多いです」
→ありがとうございます。もし機会があれば内定後でもかまいませんので、一度詳しい話しを聞きたいと思いました。

「まだあまりいません。これから増やそうと」
→そうなんですね。では、私自身がそうした女性のモデルになれるように頑張りたいと思います。

・新人の時は仕事に差はないと思うのですが、頑張り次第で早期に昇進したり、ボーナス等で評価されるケースはあるのでしょうか?もし、差し支えなければ事例も含めて教えていただけるとありがたいです。
→最低でもいくらもらえるの?と聞くと安定志向に聞こえることがあります。
最大でいくらもらえるの?と聞くこととで前向きな質問に変えることができます。

・繁忙期があると聞いたのですが、忙しい時は年のどういった時期になりますか?
また、忙しくない時はみなさんはどういった仕事をされているのでしょうか?

→残業について聞きたい時等に聞く質問です。

内定後に確認として聞く

内定後の意思確認の段階で質問をする方法です。
しかし、個人的には既卒者面接ではあまり進めていないです。
なぜなら、人材紹介会社を通して選考を進めている場合、内定後の辞退は思ったよりも断りにくいためです。
ハローワークなどから公募でエントリーした場合、または他に選考が進んでいる場合などは、
「一度、待遇等について詳しくお聞きする時間をいただけないでしょうか?」と時間をとって説明してもらうのも一つの方法です。

勤務条件を売りにする企業にはどんどん質問した方が良い

勤務条件を売りにする企業も増えてきました。
特に女性の働きやすさや新人の働きやすさを全面に出す企業も増えています。
こうした企業にとっては「働きやすさ」というのが自社の志望度を上げてもらうためのアピールポイントです。

質問してもマイナスにとられることはありません。
ただ、やはりそればかり聞くのではなく、仕事内容や事業内容と組み合わせて質問した方がよいでしょう。

質問例)
説明会でも貴社の働きやすさい会社だとお聞きしたのですが、
◯◯さんからみてどういう点が働きやすいと感じますか?詳しく教えてください。

 

【既卒面接で聞いてはいけない質問と上手な聞き方 まとめ】
面接で聞かない方がよい質問と、上手な聞き方について説明をしてきました。
質問は上手く使えばアピールチャンスです。せっかくの質問でマイナスにするのは損ですよね。
上手に聞いて、アピールチャンスにつなげてください。

既卒者面接で「何か質問ありますか?」聞かれた時の効果的な4つの質問