既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

面接突破の基礎!既卒者が自己分析を上手に進めるコツ

就職活動では自己分析が重要です。

自分のことを整理することで、面接のでアピールや企業選びにつながるためです。新卒の就職活動でも「自己分析は重要」でますが、既卒・フリーターの就職活動でも自己分析が重要なのは変わりません。

しかし、自己分析を始めようとすると「やり方が分からない」「自分の強みが思いつかない」と困ることはないでしょうか?
就職相談でも自己分析に行き詰まり相談に来られる方が多くいらっしゃいます。

難しそうに思える自己分析ですが、コツを掴めば怖いものではありません。

自己分析で大切なのはゴールの理解です。ゴールがわかれば自己分析のやり方もわかります。既卒・フリーターの就職活動では、自己分析の落とし穴も知っておくことと鬼に金棒です。

ここでは、自己分析を進める基本と既卒者が上手に自己分析を進めるコツについて「ゴール」「方法」「注意点」に分け丁寧に分かりやすく解説します。

自己分析のゴールとは?

既卒の自己分析で大きなゴールは3つです。

・自分の強みが説明できる
・自分の仕事選びの基準を言葉にできる
・既卒になった理由を説明できる

この3つを自分の言葉で説明できることが自己分析のゴールです。

ていねいに自己分析することは理想ですが、時間をかけすぎて、何をしているのかわからなくなることもあります。必ず押さえたい、この3つを整理するところから始めましょう。

自己分析を進める方法「最初は自分史の作成から」

自己分析を何から始めるか悩んだら、まずは自分史づくりから始めましょう。
中学生や高校生ぐらいから始めて、「何があったのか?」というエピソードを、思い出せる限り丁寧に記入していきます。

ポイント①エピソード単位で書き出す

自分史は、思い出せるエピソード単位で書き出します。
例えば、部活動やアルバイトでも「テニス部」「レジのバイト」という形だとひとくくりにしてしまうとあなたの特徴がわかりません。とできるだけ場面を分けていきましょう。私の場合は「一枚の写真で一エピソード」とお伝えしています。

例)
・入部した時
・試合に出た時
・3年生になった時

などです。細かく場面を書き出すことでどんな場面が記憶に残っているかわかります。

ポイント②事実を書く

「強み」を書き出さずに「何があったか?」という事実を書き出していきます。
強みを意識しすぎると自分史が書けなくなることがあります。最初の自己分析では思い出せる限り事実を書き出すのがポイントです。

自分史の作成は少し時間がかかりますが、集中して作成するとあとの工程が非常に楽になります。
作成した自己分析から強みや自分の特徴を見つけやすくなるためです。

それ以外にも自己分析の方法がいくつかありますのでオススメの本を2冊紹介しておきます。

自己分析に使えるおすすめ本

少し古いですが、非常に使いやすい就活本を2冊紹介します。

一冊目…マインドマップ内定術
自分のことをまとめるのが苦手な方におすすめです。
特に自分の強みを探すための方法がいくつか書いてありこちらは自分の整理にご紹介することが多い1冊です

マインドマップ 内定術

中古価格
¥206から
(2018/8/7 20:21時点)


二冊目…就職活動の新しい教科書 (ワークブック)
こちらも古い本ですがおすすめです。リンクアンドモチベーションはこの冊子を出版後も成長している会社です。大手企業には冊子内にある企業選びの基準と似た軸が使われているケースもあります。自分の会社選びの軸に悩んだりする場合にはおすすめの一冊です。

就職活動の新しい教科書 (ワークブック)

中古価格
¥593から
(2018/8/7 20:17時点)

既卒の自己分析の注意点1
自己分析はひとりでしてしまう

ある程度自己分析が進んできたら、周りの人からも話を聞くようにしましょう。
自己分析は「自分を分析」することです。「自分で分析」することではありません。一人で自己分析をすることは、自分中心の視点のみになるということです。独りよがりな自己PRになることもあり、注意が必要です。逆に周りの話を聞くことには大きく二つのメリットがあります。

客観的な視点で自分を見つめることが出来る
理由の1つ目は、考え方が偏ることを避けるためです。
自己分析のやり方は様々ですが、どうしても自分ひとりでやると煮詰まってしまったり、答えが出ない袋小路に入ってしまう方もいます。
いろいろな人と話すことで、多面的な角度から考えることが出来るため、その分思考も深めることが出来ます。

自分の知らない知識を手に入れることが出来る
理由の2つ目は、自分が知らない情報や観点を入れるためです。
どれだけ一生懸命に自己分析をしても、自分の持っている知識以上の情報は出てきません。
企業の軸を決める際にも、「自分が知らない観点」は気づかないこともあります。社会経験がないのであれば、経験した人に聞くのが一番早いです。自分では知らない知識を得る一番の近道です。

周りからの評価に困ったら

既卒の就職活動は新卒の就職活動と比べると相談できる場所が少ないのが現状です。
人材紹介会社(エージェント)やハローワーク、友人などに助けてもらいましょう。

無料であれば、人材紹介会社とハローワークの併用がおすすめです。アドバイザーとの相性があるためです。特に一部の施設では「一方的に否定された」などあまり良くない評判も聞きます。一人に依存するよりも複数の方に相談をしておくと良いでしょう。有料でフリーのキャリアコンサルタントに相談する方法もあります。

いろいろな社会人の話を聞くことは、自己分析にかける時間を短縮する意味でも効果的です。

既卒就活におすすめの厳選就職サイト【保存版】

既卒の自己分析の注意点2
自己分析とアピールポイント探しを混同してしまう

自己分析を進めていくうちに、面接対策用の「アピールポイント探し」になっていることがあります。
「何か面接で使えるネタはないか?」という発想になっているようであれば少し注意が必要かもしれません。確かに、自己分析は面接対策の役割もあります。しかし、それ以上に、「これまでの自分を整理する作業」と考えたほうが良いと思います。

「アピール探し」ではなく、「自分らしさ探し」と考える
誰かと比較して他の人よりも優れている部分を探す必要はありません。ナンバーワンになれる人はほんの一握り。印象的なエピソードや実績、性格特性を探すと「自分のアピールポイントが無いのでは?」など自己分析は深みにはまりやすくなります。
また、既卒の就職活動の場合では、それ以上に「マイナス部分をどう説明しよう?」といった不安に繋がることにもなります。

自己分析で大切なことは自分らしさを探すこと
例えば、血液型などの性格診断を考えてみると分かりやすいかもしれません。O型っぽいというのはアピールではありません。でも、それはその人の個性ですよね。「恥ずかしがりや」「がんばりや」「元気」「前向き」などなど、どんな性格にも長所、短所の側面があります。また、本人が大切にする「価値観」もあります。最初の自己分析はそうした自分のタイプや価値観を過去の自分を掘り起こしながら整理していく作業です。

既卒の自己分析の注意点3
考えすぎて慎重になりすぎてしまう

考えすぎて慎重になりすぎてしまうことがあります。会社選びや自己分析をしすぎるあまり、答えがなかなか見出せなくなる状態です。

もし、説明会の後に面接があったら・・・。
もしかしたら、この企業××ではないか・・・。
自分のやりたいことが見つからない。
どの企業を見てもピンとこない・・・・。

なんて不安なことはたくさん出てきます。エントリーにもついつい慎重になりがち。気がつけば時間が経っているということがあります。

行ってみないと分からない
大切なのは分からなくても当たり前、失敗しても当たり前と思うことです。企業研究も自己分析も、本やインターネットの情報だけでは限界があります。実際に働いている人に話を聞いたり、会社説明会に参加することで、よりリアルな情報を入手することが出来ます。

また、実際に面接に行ってみないと企業の評価も見えません。

何より、完璧な自己分析や企業研究は現実的には不可能です。初めての取り組みなので、何度かは失敗しても当たり前なんです。一番怖いことは、慎重になりすぎて、いい企業との出会いのチャンスを逃してしまうことです。人によって時間や予算に限りはあります。とにかく数を・・・とは言いません。もしチャンスがあるのであれば、一度思い切って飛び込んでみませんか?もしかしたら…、思わぬ出会いがあるかもしれません。

まとめ

少し長くなりましたが既卒・フリーターの自己分析のポイントについてまとめてみました。

・ゴールを意識すること
・やり方を知ること
・注意点を知っておくこと

これだけでも自己分析がやりやすくなりませんか?自己分析は就職活動をスムーズに進める一番大切な基本です。しっかりと準備をして本番に臨みましょう。

企業探しに悩んだらこちら
知らないと損をするかも?既卒就活で企業選びの際に見るべき視点

履歴書作成に悩んだらこちら
今さら聞きにくい!既卒者向け「履歴書作成の基本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。