2018.サイトリニューアル

面接突破の基礎!既卒者が自己分析を上手に進めるコツ

面接突破のためには、自分のことを短い時間でわかりやすくアピールする必要があります。
そのためには、自分のことを理解するための自己分析が重要です。

既卒・フリーターの面接対策でも自己分析が重要なのは変わりません。
特に既卒・フリーターの面接では、
「なぜ、既卒になったのか?」
「フリーターになったのはなぜか?」
「学生時代に就活はしなかったのか?」
といった答えにくい質問をされることもあります。

「自己分析をしていると、自己PRで良いところが思い浮かびません。」
という質問をいただくことがあります。新卒以上に既卒の就職活動ではスタート時や面接対策で苦労する人は多いようです。
みなさんはどうでしょうか?

既卒・フリーターの自己分析で押さえたいポイントについて解説します。

自己PRを考えるには自己分析から

既卒に限らず、フリーターでも第二新卒でも就職活動で誰もが一度は立ち止まるのが、
自己PRについてではないでしょうか? 

「どうすれば上手な自己PRが出来ますか?」
「自分のマイナス部分をどうすれば上手く面接で言えますか?」
といった質問もいただきます。

自己PR探しの基本は自己分析です。
面接は自分という商品を売る営業に似ています。
お客様に(企業)に商品(自分)を買ってもらう…という意味では、面接も営業も大きな差はありません。

さて、商品を売る際に何が大事だと思いますか?

 …話すのが上手、営業力がある、なんてのもあるかもしれませんが、一番は「自分という商品を理解する」ということが大切になります。

当たり前の話なんですが、これがあなどれないし、
上手く出来ていなくて損をしている人が多いです。

実は就職以外でも、社会に出てもちょこちょこと出てくるのが特徴。
 ・社会人になってプレゼンする時
 ・新規事業を始める時
 ・個人事業を始める時
 ・飲食店をオープンする時
など、新しく何かを始める時、「では、自分(商品)を棚卸ししよう!」という機会は驚くほど出てきます。

自己PRもその一つ。スタートは原点の自分を分析するところから始めます。
さて、この自己分析ですが、本屋に行くとたくさんの自己分析関係の本が置いています。面倒に感じるかもしれませんが、本での自己分析も重要な要素です。地道にやるしかありません。
ただ、本だけの自己分析で終わってしまうと、自己分析が中途半端な状態になってしまいます。

自己分析はひとりでしない

ある程度、自分の考えがまとまったら場数を踏み、体を動かすことも大切です。
つまり、「人に会って話を聞くこと」。
とても単純なのですが、「自分ひとりで考えずに社会人などに手伝ってもらう」ことは自己分析を加速させます。
理由は大きく2つあります。

客観的な視点で自分を見つめることが出来る

理由の1つ目は、考え方が偏ることを避けるためです。
自己分析のやり方は様々ですが、どうしても自分ひとりでやると煮詰まってしまったり、答えが出ない袋小路に入ってしまう方もいます。
いろいろな人と話すことで、多面的な角度から考えることが出来るため、その分思考も深めることが出来ます。

自分の知らない知識を手に入れることが出来る

理由の2つ目は、自分が知らない情報や観点を入れるためです。
どれだけ一生懸命に自己分析をしても、自分の持っている知識以上の情報は出てきません。
企業の軸を決める際にも、「自分が知らない観点」は気づかないこともあります。社会経験がないのであれば、経験した人に聞くのが一番早い。自分では知らない知識を得る一番の近道です。

人材紹介会社やハローワーク、友人などに助けてもらおう

会社説明会やOB訪問などでも、こうした気付きのきっかけはありますが、既卒の就職活動に関しては新卒と比べるとチャンスが少ないのが現状です。
就職に関する相談に乗ってくれるアドバイザーを設けている場所があるので、積極的に利用してみましょう。アドバイザーとの相性もありますが、熱心に相談に乗ってくれる人も多くいます。友人だけでなく、いろいろな社会人の話を聞くことは、自己分析にかける時間を短縮する意味でも効果的です。

自己分析の落とし穴!
自己分析とアピールポイント探しは別のもの

自己分析を進めていくうちに、面接対策用の「アピールポイント探し」になっていることがあります。
「何か面接で使えるネタはないか?」という発想になっているようであれば少し注意が必要かもしれません。確かに、自己分析は面接対策の役割もあります。しかし、それ以上に、「これまでの自分を整理する作業」と考えたほうが良いと思います。

「アピール探し」ではなく、「自分らしさ探し」と考える
誰かと比較して他の人よりも優れている部分を探す必要はありません。ナンバーワンになれる人はほんの一握り。印象的なエピソードや実績、性格特性を探すと「自分のアピールポイントが無いのでは?」など自己分析は深みにはまりやすくなります。
また、既卒の就職活動の場合では、それ以上に「マイナス部分をどう説明しよう?」といった不安に繋がることにもなります。

自己分析で大切なことは自分らしさを探すこと
例えば、血液型などの性格診断を考えてみると分かりやすいかもしれません。
O型っぽいというのはアピールではありません。でも、それはその人の個性ですよね。「恥ずかしがりや」「がんばりや」「元気」「前向き」などなど、どんな性格にも長所、短所の側面があります。また、本人が大切にする「価値観」もあります。
最初の自己分析はそうした自分のタイプや価値観を過去の自分を掘り起こしながら整理していく作業です。

面接でも「なぜ」と聞かれることが多い。

また既卒の就職活動では、自己分析には面接対策の効果もあります。
採用する側は、既卒である理由を気にすることが多くあります。すでに面接を受けられた人は感じられるかもしれませんが、新卒の就職活動以上に「なぜ、既卒なのか?」など、コレまでの経歴を新卒の就職活動のとき以上に聞かれます。
自分の過去を整理して、自分らしさや自分の考え方(価値観)を整理しておくことは、結果的に面接対策にも繋がります。

自己分析の落とし穴!
考えすぎて慎重になりすぎてしまう

考えすぎて慎重になりすぎてしまう

考えすぎて慎重になりすぎてしまうことがあります。会社選びや自己分析をしすぎるあまり、答えがなかなか見出せなくなる状態です。

もし、説明会の後に面接があったら・・・。
もしかしたら、この企業××ではないか・・・。
自分のやりたいことが見つからない。
どの企業を見てもピンとこない・・・・。

なんて不安なことはたくさん出てきます。エントリーにもついつい慎重になりがち。気がつけば時間が経っているということがあります。

行ってみないと分からない

ポイントは、分からなくても当たり前、失敗しても当たり前と思うことです。
企業研究も自己分析も、本やインターネットの情報だけでは限界があります。実際に働いている人に話を聞いたり、会社説明会に参加することで、よりリアルな情報を入手することが出来ます。
また、実際に面接に行ってみないと企業の評価も見えません。
何より、完璧な自己分析や企業研究は現実的には不可能です。初めての取り組みなので、何度かは失敗しても当たり前なんです。一番怖いことは、慎重になりすぎて、いい企業との出会いのチャンスを逃してしまうことです。

人によって時間や予算に限りはあります。とにかく数を・・・とは言いません。もしチャンスがあるのであれば、一度思い切って飛び込んでみませんか?

もしかしたら…、思わぬ出会いがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。