既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

短所を聞かれた時のベストな回答方法【例文あり】

「あなたの短所を教えてください」

面接で質問されたときに答え方について悩み困る人も多いようです。

他の質問が自分の良さを伝えることに対して、短所の答え方はマイナスを一生懸命アピールするのも変だし…と悩む人も少なくありません。

面接官が短所を聞く理由はさまざまです。

ここでは
・「客観的に自分を評価できているか?」という短所との付き合い方を知りたいケース
・「自分のマイナス面を隠すことなく話すことができるか?」という自己開示の一面を見ているケース
の二つから解説をしていきます。

面接官の意図を考える

面接やエントリーシートで企業から質問がある時には面接官の意図があります。

今回も面接官の意図、つまり「短所を聞く理由」を理解するところから始めます。

選考の一番の本質的な目的は応募者の人柄を理解することです。面接のエントリーシートも採用担当者が知りたいことを想像すると答え方も見えてきます。

短所の質問で知りたい3つのこと

① 自分のことを客観視して、良い面だけでなく、短所をみせることができるのか?

完璧な人間はいないので、誰にでも苦手なことや欠点はあります。短所を隠したくなる気持ちはわかりますが、仕事がうまくいかない時にも苦手や欠点を隠そうとすると、周りがフォローできません。
周りが気づかない間に落ち込んでしまい、入社後に苦労するケースも聞きます。

あなたが自己分析がしっかりできており、自分の短所も理解して受け入られているかを確認するために、面接官はこうした質問をします。

② 社内での適性を見るため

企業にはいろんな仕事があり、それぞれに適性があります。適性に合い、強みを生かして組織で活躍できるかを面接官はみます。適性を見間違えると、苦手な仕事をお願いすることになり、あなたのよさを消してしまうことになりかねません。

③ 社内の風土との相性を知るため

仕事の適性に似ていますが、社内の風土との相性を知るために質問することがあります。

例えば、「個人プレイ中心の風土」「チームプレイ中心の風土」では仕事の進め方が異なります。
上司によっても「丁寧にいろいろ教えるタイプ」「経験重視で黙って見守るタイプ」でも相性が大きく異なります。

社風やチームの空気に会わないまま入社すると、本来実力は十分あるにもかかわらず、活躍するために苦労したり、ストレスをためたりすることになります。

そのため、あなたとの相性を知るために、短所や苦手なことを聞くことがあります。

面接で答える時のポイント

面接官が弱みや短所を聞く意図が理解できると、対策方法も見えてきます。

面接官の意図を要約すると以下の通りです。
「自分を客観視して、自分の短所を受け入れられているか」
「仕事との適正はあるか?」
「社風やチームとの相性はよいか?」

じつはこれら3つ意図に対して対策はシンプルです。

自分の短所や弱みはできるだけ素直に答える

面接で短所や弱みを聞かれたら、基本的に素直に答えます。「短所はありません」と答えると嘘くさくなるためです。また、自分の短所をごまかしてしまう人は、仕事でも苦労や悩みを伝えられないこともあり、入社後に苦労する可能性が高いと見られる可能性があります。

誰でも自分の短所は言いたくないものです。だからこそ、短所も受け入れて伝えられる人は好印象になります。基本戦略は「素直に答える」からスタートします。

仕事で致命的な弱点になる短所は言い方をかえる

次に面接で伝える短所は、「その企業にとってはリスクではなく、かつ、努力や周りがカバーできるもの」であることが理想です。

例えば、すごく物事に対して計画的に進める企業では、「慎重にものごとをすすめる」タイプはマイナスではありません。一方で、チャレンジをたくさんしたい企業にとっては、慎重なタイプは大きなマイナスの弱点になってしまいます。

また、細かい作業が苦手だったとしても、サポートしてくれるスタッフがいる企業ではそれはマイナスにはなりませんが、自分でそうした作業が必要な仕事の場合にはそれは大きなマイナスになります。

そのため、その弱点はその企業にとってリスクの低いものであることが大事です。

短所の答え方は「結論」+「エピソード」


質問に対する答えは「結論」からです。最初に「私の短所は○○です」と結論を述べてください。

伝える内容はひとつに絞ります。複数の短所があったとしても複数答える必要はありません。

面接官の質問の意図の中に「自社の社風やチームに合っているか?」という意図も含まれているので、その企業の社風やチームのスタンスがわかる場合はその企業の風土に合わない短所も避ける方がよいでしょう。

結論にプラスして「なぜそう考えるか」の根拠や理由を伝えます。一般的には、具体的なエピソードを話すとイメージがしやすくなります。

最後に、その短所とどう付き合っているか?(もし克服したのであればその方法・改善策)を答えます。

じつはこの部分は結構重要です。解決方法によってその人の課題解決能力などの特徴がわかるためです。

短所を聞かれた時にこたえる文章例

以下は、質問された時の言い換え例です。ただし、あくまでもサンプルです。
そのまま使わずに、自分なりの回答を考えるヒントにしてください。

心配性
結論:私の短所は、心配性なところです。
具体例:初めてのことに取り組む時には、いつも緊張して心配になります。
付き合い方1:そのため、できるだけ緊張を和らげるために事前の準備をしっかり行い取り組むようにしています。始まってしまうと意外と肝が座るタイプなのでその場では楽しんでいます。
付き合い方2:心配すぎる場合には、感情と事実を分けて整理して対処するようになってからは、心配しすぎることがなくなりました。とはいえ、チャレンジが多い部署よりも、しっかりと物事を慎重に進める仕事が向いていると思っています。

解説:心配性は裏を返せば「リスクヘッジ能力」や「計画性」といった長所と表裏一体です。
具体例のところで、「どんな場面で緊張するのか?」を限定し、その上で対応策を伝えます。ここでは2パターンの解決策をお伝えしました。

「頑固」
結論:私の短所は頑固なことです。
具体例:じっくりと考えて決めて動き出した後は、簡単に自分の意見を変えられないところがあります。
解決策1:自分の意見に執着して物事がうまくいかなくなったり、誰かと対立したりした時には、一歩立ち止まるようにしています。少し休憩をして頭を冷やし、周りの人の話をとことん聞きます。そうすることで客観的に状況が理解できるようになります。

解説:頑固は裏返せば、「簡単にブレない」「自分の考えが明確にある」といった長所と表裏一体です。
マイナスになるのは、「自分の考えを曲げない(特に会社やチームの方針と違う時)」ことで、周りの意見を聞く姿勢がなくなってしまったり、和をみだしてしまうことです。そのため、周りとの協調性が伝わるエピソードを伝える内容になっています。

「あきっぽい」
結論:私の欠点はあきっぽいことです。
具体例:新しいことに興味が湧いてしまうとついつい目移りすることがよくあります。
解決策:いろんなことに興味が持てると言うのは悪いことではないのですが、そのせいで途中で投げ出すことは周りに迷惑をかけると思っています。そのため、やり出したことは最後まで投げ出さずにやりきるということをルールにして行動しています。
解決策2:同じ作業をしているとどうしても単調に感じてしまうので、その中で自分の目標をいろいろ考えて取り組むようにしています。そうすることで、自分の成長にもなりますし、長く続けることにもつながっています。

解説:あきっぽいは裏返せば、好奇心の強さといった長所と表裏一体です。
企業が気にするのは、その飽きっぽさが早期離職につながることや、本人に興味のない仕事をすることになったときの集中力です。そこで、継続力を高めるためにどのような取り組みをしているかを伝えることで担当者の不安を払拭します。

「優柔不断」
結論:私の欠点は優柔不断であることです。
具体例:特にリーダーなどをしている時に周りの意見を聞きすぎて、対立した意見の両方の両方を受けれてしまい結論を出すのに時間がかかることがありました。
解決策:目的を決めたり、リミットを決めるようにしています。目的が決まると最終的には論理的に判断できるので決断が早くなります。また、時間内に決めるように日頃から意識しています。

解説:優柔不断な性格は裏返すと、ものごとの良い面悪い面を多面的にみることができるといった長所とも言えます。
そのため、エピソードも自分のことではなく、複数の意見の中で悩むことがあるという内容のものにしています。一方で、決断力がないことは組織を引っ張っていく時にはマイナスになりかねないので解決策では論理的な判断をしていることを入れています。他にも、直感に従う、折衷案をとるなどいろんな解決策があります。

なんでも伝えたらダメなの?

答え

素直に答えるは大切ですが、仕事で致命的にマイナスなることは言いません。それは採用のリスクになってしまうためです。また、それを伝えることで、あなたが仕事やその企業のことを理解していないと思われることにもなってしまいます。

・発言そのものが否定的
「私、人と話すことができません」「営業的なことは無理です」とほぼ全否定に近い形で自分の性格を否定してしまう人がいます。否定的な言い回しはできるだけ避け表現を和らげましょう。

「初対面の人と話すときは緊張します」

→場面を限定し、いずれ解決できるようにと伝えます。

「打たれ弱いので、1000件のうち999回は断られるような仕事は向かないと思います」

→営業の中の何が苦手なのかを整理して伝えます。

・社会人としての資質が疑われる内容
社会人として自覚にかける内容や、仕事をする上でマイナスにしかならない短所は基本的には伝えません。

・約束事や時間にいいかげん
・お金に関していいかげん
・常に相手を疑ってしまう。相手に対して嘘をつく
・他人の苦労や相手の立場が理解できない
・人から指示されたことは守りたくない
などです。

これらは弱みというよりは、チームで仕事をする上での最低限の備わっていないと周りや顧客に迷惑をかけるものです。こうした弱みは言わない方が良いでしょう。

短所を克服するエピソードが必要では?

答え

苦手分野は無理に克服する必要はありません。大切なことは、その弱み、苦手なことがその企業にとってマイナスではない、ということです。

就職塾や対策講座で「克服」という人がいますが、少し誤解を与えていると思います。正確には「弱点との付き合い方を知っている」だと私は考えています。

例えば、「ついつい自分のせいだと反省してしまう」という人がいたとします。こうした気質は簡単に変わるものではありません。その場合、その性格と理解した上で、「何かあった時にはこのように対処している」と伝えることが大切です。そうすることで自分の弱みを理解して、付き合い方も理解していることが伝わります。

まとめ

短所を聞かれた時の考え方、対策についてまとめてきましたが参考になったでしょうか?

文例は載せていますが、すべての基本は本質を捉えて、自分の言葉で表現することエス。
面接では、「相手の意図を読む」→「戦略を決める」→「アウトプットする」が基本になります。

特に短所を聞かれているときは採用担当者もあなたの性格に仮説を持っていることが多く、職場での活躍を頭に浮かべていることも少なくありません。苦手な質問と考えずにチャンス!と考えてみてください。

最後になりますが、「短所はありません」「無理やり自己PRにする」はできるだけ避けるように。質問の意図を理解していないと取られます。