2018.サイトリニューアル

知らないと損をするかも?既卒就活で企業選びの際に見るべき視点

既卒・フリーターの就活において重要なのが失敗しない企業選びです。
企業によっては非常に魅力的な環境の企業がある反面、入社すると長期的に働くのが困難な「ブラック企業」と言われるような企業があります。

新卒社員の3人に1人が3年以内に会社を辞めるというデータもあるように、せっかく入社しても会社を辞めている人もいます。キャリアアップを視野に入れている場合や、起業、結婚という理由もあると思いますが、ミスマッチによる退職も多いのが現状です。

では、どういった基準で企業を選んでいくと失敗しにくいのでしょうか?
これまで数百社の企業を取材して来た中で、失敗しない会社選びの視点をお伝えします。

魅力的な企業は人によって違うと考える

既卒・フリーターの就職活動で企業を選ぶ時に大切なのは、「魅力的な企業は人によって違う」という視点に立つことです。
企業にはいろいろな側面があり、重視する部分は人によって様々です。社風を重視する人もいれば、待遇を重視する人もいますし、入社後のキャリアや仕事内容を意識する人もいます。その人のライフスタイルや趣向によって選択する会社も変わります。ある人にとっては魅力的に見える企業が、あなたにとって魅力的とは限らないのです。

自分の会社選びの軸を明確にする

そこで重要になってくるのが、自分が企業を選ぶときに重視することをを明確にすることです。
特に既卒・フリーターの就活では企業がなかなか決められずに次の一歩を踏み出せないこともあります。
何を重視するかが分かれば、会社のどの情報を見ればよいかも分かります。
そこで、「どんな会社で働きたいか?」という会社選びの基準を作ることが大切になります。

また、企業から見ても「どこでもいい」と考えている人材は魅力的には見えません。
いくら企業の面接を受けても、そうした人物は最終面接で落とされたりします。

企業選びの軸はいくつかの視点がありますが私がよく説明するのは下記の6つの視点です。

  1. 事業内容…その企業の事業としての魅力です。
  2. 理念や社風
  3. 将来性
  4. 仕事内容
  5. 企業の基本的な情報
  6. 福利厚生や待遇

しっかりと自分の企業選びの軸を言葉にする

軸はないと考える人も多いですが、言葉にできていないだけで実は好き嫌いは意外と考えることができます。
あとは、それを言葉にしていく作業が必要になります。また、その理由も整理しておくと面接で伝えやすくなります。

「私が大切なのは責任感を感じられる環境です
中学、高校とリーダーを任されたりするときほど集中力が増し、成果につながって来た経緯があります」
「私が大切だと考えるのは先輩たちの活躍です。
自分が学んで来たことを先輩たちがいかして研究をできているかはとても大切だからです」
といった形で答えられるためです。

軸の整理は自己分析と企業訪問

では、企業選びの軸はどうやって整理するのでしょうか?
方法は二つあります。
「自己分析」と「企業の話をできるだけ多く聞き、興味のある企業の共通点を探していく方法」です。

自己分析をすると、過去の行動から自分が興味を持ちやすい環境などがわかります。
例)中学校の時には野球をやっていたのでチームワークを発揮しやすい環境が好き、、など

一方で、いくつかの企業を実際にみていくと自分の興味の方向性が分かることがあります。
例)どうも興味を持つのは、メーカーなど商品が目に見えるものが興味があるようだ。
例)人が大事と思っていたが、人の中でも笑顔が多い会社の方が好む傾向があるようだ
などです。

どちらも自分の企業選びの軸を探すヒントです。

自分で一人でなかなか企業選びのヒントが見つけられない時は、紹介会社のエージェントに相談をしましょう。
ハローワークやジョブカフェの無料相談でもヒントを見つけることはできますが当たり外れがあります。
無料であれば紹介会社のエージェントがオススメです。また、コンサルタントに相談してサポートしてもらう方法もあります。

条件に優先順位をつける

ある程度、自分の条件が揃って来たら条件に優先順位をつけることが大切になります。
揃って来たら会社選びの軸を作るヒントは欲張りすぎないことです。
私はよく「バイキング形式の食事に似ている」と表現をしていました。魅力的な食事が盛りだくさんありすぎて選びきれない状態です。
「福利厚生」「勤務地」「社風」「理念」「仕事」「利益」「規模」…などなど。あまりお皿に盛りすぎると溢れてしまいます。好条件な企業であれば内定を貰うこともその分だけ選考も難しくなると考えるとよいでしょう。入社したい企業の条件が細かすぎてエントリーできる企業がほとんどなくなってしまう事があります。

会社選びの条件から絶対譲れない条件と、多少我慢できる条件とを分けることで、自分に必要な条件を絞り込みます。
ライフプランやキャリアプランに合った条件に絞ることで、「オンリーワン」の選社軸を作ることが出来ます。選社軸をしっかりと作るのは就職活動の成功の第一歩です。

自分のやりたいことがなかなか決められないときには?


こうして、企業選びの話をしていると「自分のやりたいことがわからない」という方もいらっしゃいます。周りが「私は〇〇したい!」と聞いているとプレッシャーに感じることもあると思います。むしろ、焦ることも多いのではないでしょうか?

では、自分のやりたいことがわからない人はどんな企業探しがオススメなのでしょうか?

働いたことがないのだから見つからなくても当然と考える

まず、最初にお伝えしておきたいのが、働いたことがない場合は、明確な目標が見つけにくいということです。実はマイナビが「将来の夢・やりたいことがない大学生は約4割!」という記事で発表していますが、タイトル通りやりたいことが見つからない人は4割います。実はほぼ半分の人がやりたいことってなかなか見つからなかったりするんですよね。特に既卒就活では、企業に落ちることが多かったりするとやりたいことを余計に見失いがちです。なので、見つからないことに心配する必要はありません。

最初の一歩は、漠然としていても構わないので、「自分のこだわり」を少しずつ言葉にしていきます。具体的な「営業」「事務」などの仕事である必要はありません。「人と接する仕事がいい」などの方向性です。

これは自己分析も有効ですが、最初はいろんな企業と触れていく方が方向性が決まりやすいです。どんな企業情報を見た時に興味を持つか、興味を持たないかを知っていくことで実は自己分析が深まり自分の仕事選びの軸が見えて来ます。

また、方向性を知るためには「仕事」を探すのではなく、「自分がどんな時にモチベーションが上がりやすいか?」「どんな組織だと活躍しやすいか?」などを過去の自分の取り組みから考えるのも方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。