既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

既卒の就職活動の進め方

既卒になって就職活動をはじめた人は情報の少なさにビックリするのではないでしょうか?
就職相談の仕事をしていると、多くの既卒者の方から

「そもそも就職できるの?」

「求人は一体どこに行けばあるの?」

「そもそも私は既卒?第二新卒?」

といったご不安の声や相談をいただきます。

本来は既卒者の就職活動は、進め方が人によって異なります。しかし、インターネットなどで検索するとエージェントを中心に紹介されることも多く悩まれている方が多いようです。

既卒の就職活動で押さえるべきポイントは、「何をしなければいけないか?」という全体像を押さえることです。

この記事では、既卒の就職活動の進め方の基礎を6つのステップに分けて解説します。まずは全体像を掴み、不安を解消しましょう。

STEP1 自分の現状を整理する

既卒就活で一番重要なのが現状の整理です。

既卒・フリーターの就職活動といっても卒業後の時間や理由、年齢などによって進め方が異なるため、求人の探し方も選考の進め方も異なります。効率よく進めるためも、自分の状況を理解して、必要な作業や、不要な作業を見極める必要があります。

就活ノートを作る

この段階から就活ノートを作り自分の考えを整理し始めるのがオススメです。

特に「自分の仕事選びの軸」(できるところまで)「自己PR」の二つは必ず考えておきましょう。

最初から文章にできなくても大丈夫なので書き出すことが大切です。

自分が働きたい職場の条件を決める

中途採用やエージェント経由で就職する場合、内定後の意思決定の時間が短くなることがあります。新卒枠は来年度の春入社ですが、中途採用枠の場合は内定後に早めの意思決定が必要です。

対策としては、事前に自分が行きたい企業の基準を決めておくことです。「内定」という言葉にはどうしても感情が揺さぶられます。内定後に悩んでいる人もこれまで多く見てきました。

入社してから後悔をしないためにも、働きたい職場の条件を決めておいた方がよいでしょう。

現状把握には、専門の紹介会社や行政のサービスを利用するのがオススメです。少し費用をかけても良いという場合には、プロのコンサルタントに相談することも可能です。一人で就職活動を進める必要はありません。まずはあなたが相談しやすい相手を見つけましょう。

STEP2 既卒求人が見つかるサイトに登録する

求人サイトに登録する段階です。

就職活動のタイプとして、「自分で求人を探したい」という人と、「自分にあった求人を選んでほしい」という人で登録するサイトが異なります。

自分で探したい人は、ハローワークやナビサイトです。既卒3年以内の場合、新卒枠での応募も可能なので、リクナビやマイナビもかなり活用できますよ。(2019年10月現在)

逆に、自分に合った求人を選んでほしい人は、既卒専門のコーディネーターを味方につけ就職活動を進めることで既卒の就職活動は加速します。

簡単に分類すると求人情報を集めるには以下の方法があります。

・ハローワークや地域コミュニティ
・求人広告(新卒系)
・求人広告(中途向け)
・人材紹介会社
・学校求人
・直接エントリー
・紹介予定派遣

それぞれの特徴については既卒求人の探し方で詳しく説明しています。

STEP3 企業を見つける

エントリーする企業を探す段階です。

絞り込めている場合は、自分の興味のある職種や業界を中心に企業を見ていきます。

やりたいことがわからない場合や自分の経歴で受かる企業がイメージできない場合は、「合同企業説明会」など複数の企業が参加するセミナーに参加するのがオススメです。いろんな企業を見ることで自分がどんな企業に興味を持ちやすいかが分かります。

企業選びで失敗しない目を養う

既卒・フリーターで就職したあとに、早期退職すると次の転職活動でリスクになることがあります。早期離職をするような企業を選ばないためには、いろんな企業をみて企業選びの目を養うことです。

ポイントは、食わず嫌いにならずに企業に興味を持つことです。求人票をいくつか見ることで、企業や仕事内容のイメージは持ちやすくなります。最初は、たくさんの求人票を見るようにしましょう。

企業研究では、「どんな仕事があるか?」「どんな業種があるか?」など業界の基本的な知識を収集すると同時に、自分が働きやすい職場はどんな企業を考えて企業を見ることを意識するとよいと思います。

また、身近に社会人の人がいれば、「入社後に感じたこと」という形で話を聞くと、仕事の良い面、悪い面を見ることができます。

まずは1社エントリーしてみよう
いろいろ書きましたが、就職活動の流れが全くイメージつかない人は、「とにかく一社受けてみる!」というのがオススメです。

実際に選考を一回受けると何をしないといけないかの現状が明確になります。

就職活動において、一発で受かるということはなかなかありません。

少ない人でも5~10社は受けるのが一般的です。まずは練習と割り切って1社エントリーしてみましょう。

STEP4 選考準備を開始する

履歴書や職務経歴書を準備する段階です。

選考突破のコツは自己分析です。面接対策も効果がありますが、自己分析に勝る面接突破術はありません。文章のまとめ方で既卒・フリーターのネガティブな要素を緩和することも可能です。

必要になる書類

1、履歴書
エントリーしたい会社が決まったら、履歴書やエントリーシート、職務経歴書、自己紹介書の作成を行います。

新卒向けのリクナビやマイナビから新卒として応募する場合は、学内で発売されている学校独自の履歴書を使っても問題ありません。

そうでない場合は、市販のものを購入して記入します。基本は手書きを好む人が多いと感じますが、PCで作成される方も増えています。

2、自己紹介書(職務経歴書)

市販の履歴書のみの場合は、自分のアピール用の資料として自己紹介書を作成します。

学校独自の履歴書フォーマットには自己紹介書の項目が入っているので、作成は不要です。

内容に決まりは無く、ワードなどPCで作成しても問題ありません。

ただし、事務職を希望される場合は、作ったレイアウトなどの見やすさにも気を使いましょう。PCスキルの有無を判断されるからです。

3企業が求める定型のエントリーシート

提出を求められる場合もあれば、ない場合もあります。形式は様々です。

4成績証明書、卒業証明書、健康診断書

成績証明書・卒業証明書は学校で発行してもらうことができます。念のため数部用意しておきましょう。

健康診断は病院に予約すると半日ぐらいで終わります。

健康診断については最初から求められている場合以外は、企業に提出を求められてから用意すると考えてよいでしょう。

こちらは直前になってからでも問題ありません。

STEP5 選考を受ける

選考を受ける段階です。

新卒枠での就職活動の場合は、集団面接、グループディスカッションなどからのスタートが中心です。人材紹介会社(エージェント)を利用する場合は、個人面接からスタートします。

「既卒になった理由」について整理しておく

既卒になった理由を聞かれると、苦しいと感じる人も多くいます。

質問に対してウソをついてごまかしたり、「ただ何となく…」といった回答では、なかなか企業の同意を得ることができません。

突破のコツは「伝え方」です。

既卒・フリーターのブランクの理由については、相手に突っ込まれるより先に、堂々と事実を答えるのが一つの方法です。

職歴なしの既卒者に職務経歴書は必要か?書き方と注意ポイント

基本的には自分の悪かったことや反省すべき点は素直に反省し、その上で未来についての決意を話します。

下手にウソをつくと、後で苦しい展開になることが多いためです。

ブランクが後ろめたく、「私がダメで・・・」と必要以上に謙遜している状態になる方がいます。

謙虚であることは大切ですが、自分を必要以上に悪く言うと、選考では逆効果になることもあります。しっかりと反省すべき点を反省したら、堂々と自分のことを話してみてください。

面接官が見ている部分は人柄重視

既卒者の面接で重視している点は、人柄や可能性です。そして、一次面接では最低限のマナーも見られます。

ところが、慣れていないとビジネスマナーがぎこちなくなり相手に悪い印象を与えます。「マナー不足」で面接官に悪印象を与えていることは大きな損失です。

マナーを突破したら、人柄や仕事への熱意や意欲(話し方や雰囲気)が大きな要素になってきます。

適性検査対策を行う
新卒扱いで大手を狙う場合は、高い確率でSPIなどの適性検査を受ける可能性があります。一夜漬けでは効果が出にくいので苦手な人は早い段階から参考書を一冊買っておきましょう。

STEP6 内定

無事に選考が進めば内定になります。面接は少ないところで1回。多いところは3、4回です

大手では5回以上面接をすることもありますが、基本的には3、4回を目安に考えておいた方が良いでしょう。

本命の企業の選考が長引いてしまい、第二、第三志望の企業から内定を貰った場合は、両方の採用チャンスを失うこともあるので、特に注意しましょう。

最終面接まで進んだら、内定をもらった場合の動きをシュミレーションすることです。曖昧に誤魔化すことで内定が出にくくなることがあるためです。

また、内定をもらった後に「実は他に受けている企業があって・・・・」と他社の存在を後から伝えるとマイナス印象が強くなることがあるので注意です。

会社の気になる部分を確認しよう

返事が早いほうがよいとはいっても、条件面は入社前にきっちり確認します。

入ってから想像とギャップが大きいと、早期離職につながるためです。

今後の人生で長い付き合いになる可能性が高い企業です。

気になる部分があればしっかりと確認してから入社しましょう。

まとめ 納得内定をもらうために、悩みを一人で抱え込まないこと

これまで多くの方を支援して感じているのは、既卒・フリーターの就職活動の一番の敵は「自分との戦い」ではないかと考えています。

面接が落ちることが続いたり、書類で何度も落ちることが続いたりすると就職活動そのものが怖くなることもあります。

そうした中で就職活動を続けるのは非常にエネルギーを使います。

そんな時に、周りに相談できる人や仲間がいると辛い時を乗り越える支えになります。
学校のキャリアセンター・友人・専門機関・コンサルタントなど相談できる窓口が以前と比べると大きく増えました。
一人で抱え込まずに、周りを上手に頼りながら就職活動を進めましょう。

あなたを応援しています。