既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

既卒とは?卒業後3年以内は新卒扱い?

キャリアコンサルタントの國定若菜です。

既卒就活を始めようと思ったときに「そもそも既卒ってどういう意味?」と疑問に思う方もいるでしょう。

そして、既卒者として就職活動する場合、どういう部分が就職活動を成功させるポイントになるか気になる人もいらっしゃると思います。

そこで、既卒の意味や既卒として就活する上での大切なポイントについて、既卒就活初心者のみなさんにお答えします。是非読みすすめてくださいね。

既卒とはどういう意味?

既卒とは、採用市場で生まれた言葉で正確な定義付けはされていません。

一般的には、「高校・大学・専門学校・短大などの学校から卒業後、正社員として働いた経験のない人」のことを言います。

よく混同される第二新卒やフリーターとの違いはなんでしょうか?

第二新卒とは、「学校を卒業して正社員として一度就職したが3年以内に離職した人」のことと言われています。

つまり、学校卒業後に正社員として働いたことがない人が「既卒」、正社員として働いたことがあれば「第二新卒」です。

一方で、フリーターは「学生と主婦を除く若年者(15歳~34歳の者)のうち、パートやアルバイトとして働いている、または働く意思のある人」のことを指します。

つまり、現在、卒業後に正社員として働いた経験がない方は、パートやアルバイトなどで働いている方はフリーターになるので、「既卒」で「フリーター」ということになります。

・学校卒業後に正社員として働いたことがない人→「既卒」

・正社員として働いたことがある人→「第二新卒」

次に、既卒は採用市場でどう扱われているのかを説明します。

卒業後3年以内なら新卒扱いって本当?既卒の採用における扱い

平成22年(2010年)に厚生労働省の青少年雇用機会確保指針が改正され、既卒者を卒業後少なくとも3年間は新卒として扱うことが明記されました。

それまでは、中途採用枠で就活をせざるを得なかった既卒でしたが、卒業後3年以内に限れば、既卒者としての就職活動は大きく可能性が広がりました。

図の通りで、新卒採用枠で既卒者の応募を受け付ける企業は大きく増えており、7割近い企業が新卒として応募可能なのがわかります。

少子化が進む中で中小企業の人材不足はいよいよ深刻になっています。また、新卒一括採用ルールも撤廃されました(2019年)

今後、既卒者だからエントリーできない企業は減っていくでしょう。

一方で、既卒者として就職活動をする場合、「年齢制限」と「既卒になってからの経過期間」には注意が必要です。

基本的に時間が経つほど不利になる確率があがるからです。

既卒になった場合は、「できるだけ早く動く」

既卒者が新卒者の採用枠で正社員に応募できた場合、応募を受け付けた既卒者の「年齢に上限がある」とする事業所の割合は31%で、上限年齢を「25〜29歳」とする割合が最も多く45%でした。

また、データとして注目してほしいのは2010年です。

厚労省の通達以降3年目までを応募可能としていますが、新卒扱いで就職する場合は1年以内と考えていた企業が多いと感じています。

いろんな企業の採用に関わっている中で感じるのは、応募者が多い人気企業や特に社員数が多い企業ほどブランクは不利になる印象があります。(もちろん全てではありません)

そのため、「すぐに就職活動をしたほうがいいですか?」という質問があった場合は、基本的にできるだけ早く行動することをお伝えしています。

例えば、「資格を取得する」ために1年ブランクが空いた場合、資格で有利になるよりも年齢制限によるマイナスが大きい印象です。

では、卒業後にブランク3年以上ある場合はどうすればいいかというと、エージェントの活用をおすすめしています。

特殊な事情があるほど紹介担当者がいたほうが応募できる企業がわかり面接に進む確率も高くなるためです。
既卒就活におすすめの厳選就職サイト【保存版】

既卒で就職活動を成功するために

既卒で就職活動を始めるときの成功ポイントは3つです。

・自分の現状を悲観的に考えすぎない

・孤立しない

・既卒者向けの定番質問を武器にする

1つずつみていきましょう!

自分の現状を悲観的に考えすぎない

既卒の就職相談をしていて感じることは、「自分で自分のことを小さく見せている人が多い」ということにつきます。

面接で不採用が続いたり圧迫面接などを受けたりと、ストレスが溜まりやすい環境というのもありますよね。

最初からポジティブに考えよう!というのも大きなプレッシャーだと思います。

だからこそ、現状を抜け出すためにまずは行動量を増やしましょう。最初は空元気でもいいので前向きな発言を意識しましょう。

頭の中の考えはすぐには変えられません。だからこそ「発言」から変えていくのです。

ちょっとずつ成果が出てくると、気持ちも変化してきます。最初の一歩を踏み出すことが重要です。

孤立しない

ひとりで就活をせずに、いろんな人に頼ってみてください。

たとえば、キャリアセンター(就職課)や転職エージェントという手段があります。

自分では気づいていないちょっとした工夫やヒントを得られるかもしれません。そうすると道がひらけます。

「以前に何度も相談していたのにまだ内定がでてないのは恥ずかしい」

「今更言ったら怒られるのではないか?」

と心配になるのが正直なところかもしれません。なかなか相談しにくい人もいるようです。

私もキャリアセンター等で仕事をすることがありますが、むしろ顔を出してくれただけでも嬉しかったりします。気軽に訪問してください。

既卒者向けの定番質問を武器にする

既卒者面接で高い確率で聞かれるのが、「なぜ既卒になったのか?」「空白期間には何をしていたのか?」といった既卒者向けの定番質問です。

採用担当者は、「どんな理由で既卒になったのか?」というのを気にしているためです。

面接でこうした質問を聞かれたときは「チャンス」だと思って対応しましょう。

実は「この人は採用したい!」と思った人ほど「どんな理由で既卒になったのか?」をチェックしています。

理由は、「こんな魅力的なのに他で内定出ていないのはなぜ?なにか見落としがある?」と採用担当者自身が不安になるからです。そのため、この部分をしっかりと答えられると逆に好印象になります。

この部分を変えただけで内定になったケースも何度も見ています。

まとめ:既卒者とは「卒業後、正社員として働いた経験のない人」

既卒者とは、「高校・大学・専門学校・短大などの学校から卒業後、正社員として働いた経験のない人」のことです。

情報が少なくてびっくりするかもしれませんが、既卒になったからと言って正社員になれないわけではありません。
むしろいまはチャンスがたくさんある時代です。周りの人を上手に頼りながらあなたらしい就活を続けてみてください。

あなたの就職活動を応援しています。