既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

【初心者向け】フリーターから正社員になるための就職活動の進め方

フリーターから正社員になるための就職活動の進め方について解説します。

ご相談にこらえるかたの多くが「自分が正社員に慣れるんでしょうか?」という不安を多く抱えていらっしゃいます。特にブランクが長い場合や、就職活動を長い間していない場合には不安がたくさんあると思います。分からないことだらけですよね。

意外に知られていませんが、フリーターから応募できる求人は多くあります。ただ、情報が少ないため多くの方が求人情報にたどりつけていません。ここでは、実際にフリーターの方の就職支援を数多くしてきた経験から、フリーターの就職活動に必要なことを全て解説します。

フリーターの就職活動に必要な準備とは?

フリーターとひとことにまとめていますが人によって準備することは異なります。まずは、全体で必要なことを5つに絞って解説します。

1.ビジネスマナー・就活マナーを理解する

最初に押さえたいのが最低限のビジネスマナーです。

マナーは一夜漬けで覚えることが難しいからです。苦手な方は就活を始めたら普段から意識できるように早めに押さえておいた方が良いでしょう。特に「服装」や「話し方」や「履歴書の書き方」などで損をしている方が多くいらっしゃいます。マナーを知らずに非常識な振る舞いをすることは、面接でもマイナス印象を与えてしまうことになります。

<対策>
ビジネスマナーと言っても押さえたいのは就職活動をする上での必要な最低限のマナーです。基本的な振る舞いも接客系のアルバイトをされてきた方は問題ありません。おすすめは「リクナビ」「マイナビ」に乗っている新卒向けのマナーです。最低限のマナーからやってはいけないことまで丁寧にかいていますので、一度ご覧になられることをオススメします。

2.自分の強みを理解する

面接の中で、自分の魅力を伝える必要があります。

面接の時間は短く、ダラダラと話すのは好まれません。事前に自分の強みを整理しておくと短い時間で効果的にアピールすることができます。派遣やアルバイトの経験はアピールにつなげやすいです。特に正社員と変わらない仕事をしていた人はアピールできることもたくさんあります。

<対策>
「自己分析」という自分を整理する作業を行いながら、ビジネスで使えるあなたの強みを整理します。身につけたスキルや経験を整理することで仕事で使えるアピールポイントに変えることができます。

3.自分のやりたいことを整理する

長期的に働ける条件を考えておく必要があります。

最初の一社目は長く働くことが理想です。正社員としてのビジネススキルや仕事の段取りを覚えるにはそれなりの年月がかかるためです。すぐに辞める可能性が高い人材は企業も採用を避けます。「正社員ならどこでもいい」という考えは、採用担当者にはマイナスの印象です。

<対策>
給与や福利厚生などの勤務条件だけで絞り込むと志望動機が書けません。
自分のやりたいことを整理するには、自己分析を行いながら、企業説明会や合同企業説明会に参加して企業研究を行います。ここで悩む人あg非常に多いです。もし、自分一人で難しいと感じた場合は、エージェントを使ってみるとよいかもしれません。

既卒就活におすすめの厳選就職サイト【保存版】

4.企業を探す

自己分析と平行してエントリーする企業を探します。

応募を行う前に、興味のある求人を広く探します。ハローワークだけでなく、求人媒体やエージェントなど求人を扱っているサイトは多数あります。まずは視野を広げていろんな求人を探しましょう。

<対策>
「興味のある企業を出来るだけ多くあげる」→「絞り込む」と2段階に分けることをお勧めしています。細かい求人情報まで全部見ていくと時間が足りません。なので、最初は細かい求人情報は見ずに興味のある企業を広くピックアップします。次に求人情報の勤務地や福利厚生等から絞り込みを行っていくとエントリーする企業を絞り込んでいくことができます。

絞り込みすぎないのがポイントです。人によって書類の通過率がバラバラだからです。あまり絞り込みすぎると書類審査から進めなくなることもあります。人それぞれだと思ってください。

6.選考の対策を行う

受けたい企業が決まってきたら選考の対策を行います。

履歴書などの書類の準備と面接対策です。いくら魅力的な企業を見つかっても選考で受かることでスタートラインに立つことが出来ます。相手に自分の魅力が伝わるように準備が必要です。

<対策>
あまり面接対策をやりすぎないことです。緊張しすぎて失敗しているケースを多く見ています。

最低限の話す内容等の整理は必要ですが、聞かれたことを自分の言葉で伝えていくほうが受かりやすいと思います。とはいえ、「自己PR」「なぜ、フリーターになろうとおもったのか?」などのよく聞かれる質問に関しては準備をしておくほうがよいでしょう。

自分一人で考えるのが難しい場合はエージェントを活用する

読んでみて、結構たくさんやることがあるな・・と感じた方も多いかもしれません。

フリーター向けの就職支援サイト「ハタラクティブ」でも、やることは全部で15の項目に分かれています。
https://hataractive.jp/shukatsu/

絞り込んだとしてもフリーターから正社員に就職するためにはやることがたくさんあります。

そこで、活躍するのが転職エージェントです。転職エージェントは企業から費用をもらい、仕事を探している人とのマッチングを行う会社です。結婚でいうと、企業とあなたとの仲人をしてくれるのがエージェントになります。

エージェントはあなたの就職活動をサポートしてくれるのでもし近くにある場合には一度相談をすると不安な部分も解決に繋がります。

「いきなり自分がいっても大丈夫?」
「怒られたりしないのか?」

と不安になる方もいらっしゃると思います。

そこで、フリーターへの転職支援をかなりしっかりしているオススメサイトを以下にまとめました。
求人サイトとしては「Re就活」がありますが、最初はアドバイスを受けながら準備をした方がいいでしょう。

個人的には1つではなく、複数のサイトに登録して就職を進める方がオススメですです。

厳選!フリーターでも丁寧に対応してくれるエージェント

ビジネスマナーや面接対策など充実した就職支援講座あり:
ジェイック!

対象者:既卒者・第二新卒者・フリーター(18歳~29歳)・外国籍の方
エリア:東京・横浜・大阪・名古屋・福岡
「マナーやビジネスのルールなどしっかり学ばないと不安」という方におすすめなのがジェイックです。既卒の就職活動で不採用になるケースに、「ビジネスとしてのマナーができていない」という基本的な部分でつまづくケースがあります。社会人の新人研修に近いしっかりとした研修体制があり、いち早く即戦力としてスキルアップできるのがジェイックの魅力です。また、対応エリアが広く、主要な都市でサービスが受けられます。

ジェイックに登録

幅広い経歴に丁寧に対応。初回は面談時間2時間!:
第二新卒エージェントneo

対象者:既卒者・第二新卒者・フリーター(18歳~28歳)
エリア:東京・大阪・名古屋
「既卒は既卒だけど、かなり私の経歴は特殊では・・・」という方にもおすすめなのが第二新卒エージェントです。エリアが広いだけでなく、公務員からの就職、就職浪人など既卒者になった背景に関わらず相談ができるところも魅力です。まずは相談を、という方にお勧めできる紹介会社です。

第二新卒エージェントneoに登録

若手未経験者向け求人が多数:
ハタラクティブ

対象者:既卒・フリーター(〜29歳)
エリア:東京・大阪
「未経験だけど、いろんな求人から探したい」という方におすすめなのがハタラクティブです。未経験者向けの求人に特化した会社です。新卒者向けの支援も行っており、未経験者に強い印象があります。ただ、他の2社と比べると特徴が見えにくいため、1社では不安という方が合わせて登録するといった使い方がよいかもしれません。

ハタラクティブに登録

本当にフリーターでも就職できるの?

それでも自分が就職できるか不安になる方もいらっしゃると思います。
実際、私のところに就職カウンセリングにこられる方の9割が「私にできるか不安」という話から始まります。若者向けのハローワークでセミナーも行っていますが、やはり不安の気持ちが強いです。

安心材料になるか分かりませんが、以前と比べると就職環境が劇的に変化したことが、みなさんの就職をやりやすくしています。

就職環境の変化とは、

・社会が正社員化を後押しするようになっている
・若手の人材不足で企業の新卒神話に限界が出てきている
・エージェントなどが充実し、就職までの手段が増えた

などです。

新卒の就活と比べたら不利ですか?と聞かれたら、本音でお話しすると不利だと思います。
しかし、あなたの内定への想いがあれば、正社員への道は広がっています。
勇気を出して踏み出してみましょう。

フリーター就活の本当のスタートラインは働き始めてから


本当の意味でのフリーターの就職活動のスタートは働き始めてからです。今までと生活習慣も変わりますし、責任も増えます。同時に、やりがいや仲間も増えていくはずです。一緒に頑張っていきましょう。