既卒になった時に読みたい就職活動の進め方ナビ

体験談(4)10ヶ月の再就職活動の経験から伝えたいこと

既卒者の中には「周りの仲間が頑張って働いているのに自分は何をしているんだろう」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は再就職活動を経験した方にインタビューしました。
1社目で感じた理想と現実のギャップ。
2社目の再就職活動での葛藤。
どんな視点で2社目への入社を決めたのか。

既卒の就職活動の参考にしてくださいね。

■名前:S.Tさん
■大学:2010年大学卒

インタビュー時は某製紙メーカーにて営業を担当していらっしゃいました。

新卒入社した会社を9ヶ月で退職

ーなぜ、最初の会社を辞めようと思ったのですか?

大学時は、2社内定をもらったのですが、そのうちの1つである金融機関に入社を決めました。

就活時期はちょうどあの「リーマン・ショック」と重なり、ニュースや新聞で会社が倒産してしまったり、職を失ってしまった方がたくさん増えていることを知りました。

高い技術力や経営力を持ち、利益をあげているのに資金が足らず倒産してしまう……そんな中小企業の方々の力になれればと思って入社を決めました。

しかし、実際に入ってみると、利益至上主義の側面があったり、顧客と会社との間に馴れ合いの様なものが存在していて、必ずしも困っている人達の助けになっていない。
もっと言えば、困っている方々の足を引っ張っている風に感じる事もありました。

自分の「困っている人を助けたいという想い」と「実際に目の前で行われている事」との間にギャップを感じてしまった……と言えばわかるでしょうか?

勿論、企業というのは利益を追求することが第一だと思っていたし、自分の想いが全て叶えられるとは思っていませんでした。
しかし、実際に働き日々を過ごす中で、自分の思い描いていたものと現実との間に大きなギャップが生じていること、そして月日が経つごとにそのギャップを埋めるのが難しくなっていることに気づき、仕事を辞めようと決意しました。

振り返ってみれば「自分は考え方が甘かったな」と思う部分や「もっとこうしておけば良かった」と思うこともたくさんあるけれど、仕事を辞めて時間をかけて自分自身とじっくり向き合えたことはとても良い経験になったし、月並みだけれど「仕事を辞めたこと」に関して後悔したと感じる事は今はほとんどないです。
この経験を次の仕事に生かして、頑張っていきたいと思います。

退職、そして再就職

ー退職後の就活で大変だったことは何ですか?

仕事を退職し、再び本格的に就活をスタートさせてもしばらくは「就職に失敗した自分」が目の前に立ち塞がり、次のステップに進むことが中々できませんでした。

また「内定」という目標を達成するためには企業に応募して書類を作成し、面接を受けないといけないし、どれだけ入念に準備をしても上手くいくとは限らない……。

これら就活を行う上での苦労や面倒臭さが頭をよぎり、「また明日やれば良い」とか、就活を再開しても上手く進まず「やっぱり自分はダメだ」といった感情に押されて心が折れてしまいそうになることもありました。

ー実際には、どのように就活を進めたのですか?

自分自身、「この業界・職種で働きたい!」といった希望はありませんでした。
強いこだわりが無いこともあって、最初はどの企業に応募すれば良いのかわからないという状況でしたが、自分が少しでも興味を持ったキーワードがあれば積極的に応募したり、逆に「自分がこの業界・職場で働いている姿」がイメージ出来なければ選択肢から除いたりしていました。

ハローワークや転職サイト、HPや四季報を見てもその会社の全てが分かる訳ではないし、強いこだわりが無いという人は少しでも目についたものから積極的に応募をするということも大事だと思います。

ー内定をもらってから入社を決めるまでのことを教えてください

進路決定は内定通知を頂いてから、自分の直属の上司になる方と話しをして決断しました。

上司は「入社してから、こんなはずではなかったと後悔してほしくない」と、時間を割いて本音で語ってくれました。
給与や残業時間等の職場環境は勿論のこと、仕事の厳しさや楽しさ、新しく入ってくる私をしっかりと育てたいという熱意…
そんな姿勢や熱意から、この会社で働こうと決めました。

経営理念や社風・風土に共感できるかということも勿論大事だと思うけれど、私の場合はそこで働いている方々やオフィスの雰囲気を重視していました。

ー再就職先ではどんな仕事をしているのでしょうか?

製紙メーカーで営業の仕事をしています。
営業に出るために製品だけではなく、製紙業界についての知識も身に着けないといけません。
少しでも早くたくさんの知識を吸収して一人前の営業マンになれるように頑張りたいと思います。

既卒者にメッセージ

1社目を辞めて今の会社から内定を頂くまでに約10ヶ月……
この10ヶ月を振り返ってみるとたくさんの経験をすることができたと思います。

私自身、就職活動に最初から真剣に取り組めていた訳ではなく堕落した生活を送っていた時期もありました。
ダラダラとした日々を過ごしながらも、「周りの仲間が頑張って働いているのに自分は何をしているんだろう……」と変な葛藤を起こしたこともありました。

でも「内定」という目標を達成するためには前に進まないといけない、努力しないといけない、やらないといけない……そうして、一歩ずつ前進することで職に就くことができました。

自分の「心の弱さ」に打ち勝つのはとても難しい事だけれど、力まずにゆっくり一歩ずつ前進していけば良いと思います。

例えば、就活を始めていきなり「1週間で10社企業に応募する」という事は難しいかもしれないけれど「まずは転職サイトにいくつか登録する」とか「1週間に1度で良いからハローワークに行く」という事は難しくないでしょう。

この様に一歩ずつで良いから前進し、コツコツと歩みを継続する事が目標達成につながるのではないかと私は自身の就活を振り返って感じました。応援しています。

※取材時の内容を加筆修正しています。

まとめ

いかがでしたか?

「この業界・職種で働きたい!という希望がない」
「周りの仲間が頑張って働いているのに自分は…」と悩む人も、今回の方のように一つひとつできることから取り組みましょう。

おすすめ記事も、是非読んでくださいね。

>>既卒・フリーター就活の上手な進め方

>>【2020年版】既卒におすすめの厳選就職サイト・エージェント10社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。