トップページ > 既卒求人の探し方 > その他 利用できるサービス

既卒求人の探し方

その他 利用できるサービス

派遣会社(紹介予定派遣)や自動検索型(直接エントリー)について

派遣会社(紹介予定派遣)
 
 ○...実際に職場で働いてから正社員になるか決められる。
 ×...拘束期間が長い。確実に正社員になれるわけではない。
   
<サービスの特徴>
どこかの派遣会社に登録し、その派遣会社から派遣されるという形で勤めます。一番の問題は昨今のニュースにもなった雇用の不安定さや入社後の待遇の問題です。
一方で「派遣」と言っても正社員として採用になり、そこから出向するような形で取引先に駐在するケースもあります。職種によっては派遣社員から「紹介予定派遣」という制度を通して正社員になることができますし、経験を積むのであれば派遣会社から入るほうがハードルが低い職種もあります。「お試し期間」を設けると考え派遣に登録する方法もアリです。
 
自動検索型(直接エントリー)
 
 ○...ピンポイントで探すことが出来る。
 ×...面倒。分かりにくい。
 
YAHOO!やGoogle の求人情報だけ集めたサイトと考えると分かりやすいかもしれません。企業のHPを自動巡回する「企業のHPの求人情報だけを検索できるサイト」というのがあります。企業HPの採用情報を参考に直接、企業に問い合わせてエントリーすることが可能です。直接の問い合わせで選考を希望する人はそれほど多くなく、意外とチャンスが広がります。
人条件にこだわりがある場合や、理系の方で研究内容が限定されている場合など、自分がエントリーしたい企業が絞り込まれている場合はオススメの方法です。
欠点は、HPを更新していない企業もあり、よく見ると数年前の求人だったりと問い合わせてみないと分からないことがある点です。

既卒求人の探し方

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト